読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

canvas

DIY(日曜大工)×賃貸マンション(団地)の可能性を探るBLOG

{ DIY(日曜大工)が趣味のフリーランスのブログ。家族で暮らす賃貸マンション(団地)でのDIYネタが中心 }

【工具不要の100円DIY】ベースギターに自作フィンガーレストを装着!

スポンサーリンク

f:id:odbc:20160209165259j:plain

家具とかとは違いますが、楽器のカンタンDIYをご紹介。趣味でベースをやってるんですが、アコースティックタイプのベースを買いました。

▼お手頃価格なのにすごくいい! 

 

ただこれ、アコギと同じ形なのでピックアップありません。専門的な話ですが、ツーフィンガーするときに親指おく場所がない…。そこで、100円ショップグッズでフィンガーレストを自作してみました。

 

フィンガーレストとは何か?について

フィンガーレストは

SCUD フィンガーレスト  F-REST

SCUD フィンガーレスト F-REST

 

 こういうタイプで、ボディに穴をあけて装着します。

 

こんな具合。

f:id:odbc:20160209165925j:plain

画像引用元:http://infiniton.jugem.jp/?eid=839

 

ベースを指で弾く場合、右手の親指を置く必要があるんです。エレキの場合はピックアップに親指をおきますが、アコースティックなので、指を置くとこがありません。

 これがないとだいぶ弾きにくい…。

 

100円ショップにヒントがある!と思いダイソーを物色

ボディに穴を開けるのも嫌だし、このくらいなら自作できないかな〜と思案。

 こういう時はやっぱり100円ショップ。ダイソーに向かい、5mmくらいの厚みがあるゴムっぽいものないかな〜と探索したところ… 

ありました!!!

 

f:id:odbc:20160209170300j:plain

ハイヒールのソールに使うリペアパッド。これ、サイズが3.5×2.8cmという絶妙なサイズ。厚みもほぼ5mm。(100円ショップにはいろんな形やサイズがありました)

 

表面は凸凹してますが、裏面はつるつる。

f:id:odbc:20160209170415j:plain

今回はボディがマットブラックなので、裏面を表にすることに。(凸凹のほうは付属の紙やすりでこすり均す。)

 取り付け方法ですが、強めの接着剤を使用。穴あけ不要。

 

 

ちょうどいい位置を探すため、まずはセロハンテープで仮止め

ここで早まっていきなり接着してはいけません。

最適な位置を見つけるためにも、セロハンテープで仮止めし、数日使いながら様子見。

f:id:odbc:20160209170612j:plain

セロハンテープがテカってて見えにくいですが、こんな具合に貼り付け、ちょうどいい位置を探します。

 

 

僕的にちょうどいい、フィンガーレストの位置はコレ

f:id:odbc:20160209170912j:plain

僕的にはだいたいこの位置がしっくりきました。しかもこれ、厚みもそれほどないからスラップの邪魔にもならず、硬質ゴムなので当たってもプラスチックや木製より痛くない。

 

 

実際に接着剤で貼り付けるとこんな感じ

f:id:odbc:20160209171229j:plain

何をくっつける時でもそうなんですが、接着するときのコツは、どちらも紙やすりで軽くこすっておくことがポイントですね。この場合、ゴム側だけでなく、ベース本体の貼り付ける位置もこすります。すると接地面が増え、よりしっかりくっつきます。

 

どうですかね?デザインにこだわる人的にはダサいと思うかもしれませんが、僕的にはもう十分。これでエレキと同じ奏法で練習できます。

 

以上、100円でフィンガーレスト自作した話でした!

このアコベ、手頃でオススメです

 

Copyright © canvas. All Rights Reserved.